まっすーに恋するフリーライターの独り言

フリーランスでライターやってます。NEWSのまっすーが大好き♡ジャニオタさんたちのための情報サイトでNEWS関連の記事を書くお仕事をしています♪

てごちゃんに惚れ直した和歌山公演

 

f:id:yukarin-12-11:20170206125728j:plain

 

 こんにちは!NEWSとまっすーを愛するフリーライターしらいゆかです♡

 

世の増担、いやNEWS担が泡を吹いた美的ショック冷めやらぬ中、なにやら急に色々と出てきた不穏な情報……。

Twitterにしろブログにしろ、コメントしていいものか、っていうか、なんて言ったらいいのか悶々としていて……。

 

ただそれでも、なぜか「てごちゃんは絶対悪いことはしてない」「ファンを悲しませるようなことはしない」っていう謎の自信だけはあった。

NEWSファンっていうので、何を見るにもフィルターかかってるのかもしれないけど、それでも「もしかしててごちゃん……」とは全く思わなかった。

 

それでも不安だったのは、「火のないところにも煙が立つ」ことがあるって思ったから。本人の力の及ばないところで、世論とか、何か大きな力に飲み込まれて、白を黒に変えさせられちゃうこともあるって思ったから。

 

ファンはみんな知ってる。

てごちゃんが裏表のない人で、ウソのつけない人で、ファンをすっごく大切にしてくれて愛してくれて、その愛する人を傷つけるようなことは絶対にしないって。

 

でも、多分世の中で、NEWS大好きで、NEWSのことやてごちゃんのことをちゃんと理解してる人って、どれくらいいるかな?

たとえそれが多く見積もって50万人くらいいたとしても、日本の全人口に対して比べたら、ものすごい少数派。

悲しいけど、てごちゃんのことを、チャラくて自信家でビッグマウスで自己中で上から目線で偉そうでって言う表面的なものでしか見てない人が圧倒的多数。

 

その中でこんな情報出てきて、てごちゃんが勝てるのかなって。

私たちファンが守れるのかなって。

圧倒的多数が黒だと言えば、てごちゃんが頑張っても事務所が頑張っても

 私たちが頑張っても、黒になってしまうんじゃないかって。

それが不安だった。

 

私も一端のライターとして、世の中に記事を送り出すことの影響力と責任はきちんと分かっているつもり。

情報リテラシー」と言って、目にしたものを信じるかどうかっていう判断はもちろん読者に委ねられているけど、メディアやライターの仕組みがよく分からない人にとっては、それなりのメディアが出してる記事とか、検索して上位に出てくる記事ならなおさら、そっくりそのまま受け取ってしまいがち。

それがどんなに適当にあることないこと書かれていたとしても。

それに、一般的に人はゴシップが好き。

だから、こういう情報が出てきて、「よっしゃきたー!」とばかりにアクセス狙ってあることないこと書いたような粗悪な記事でも、それで情報や世論を「操作」するだけの影響力を持ってしまう。

 

「メディアの力の怖さ」を知ってるから、心がザワザワしてた。

 

そこに来て田中くんの逮捕となれば、これはもう誰もが事務所が動いたって思うのは当然。

実際のところは分からないけど、ほんっとうのほんっとうにたまたまタイミングが重なっただけだったとしても、多分ほとんどの人が「てごちゃんを守るために事務所がやった」と思ってもおかしくない。

 

でもこれが実際、本当に「てごちゃんを守る」のに一役買ったのか?

一般的な人がこの流れを見たら、必至で隠そうとするあたりがむしろ怪しく見えるんじゃないか?

そんな簡単に世論が「おー今度はこっち来たか~」って言って、きれいさっぱりてごちゃんのことを忘れるとは思えない。

そんなに世論はバカじゃないでしょ。

 

とにかくもうなんか悶々として、情報流す人も、それを喜んで買う人も、おもしろおかしく記事書いちゃう人も、全員締め上げてやりたいと思いながら、自分にできることはないか、考えてた。

 

 

そこに来て、和歌山公演。

てごちゃんが大丈夫か、元気にみんなの前に立ててるか心配で、ライブが終了するであろう19:30からスタンバってずっとレポを待って……。

 

 てごちゃんが話した内容を、一番まとめて書いてくださっていたのがこの方だったので、リンク貼らせていただきます。リンク掲載の了承を頂いたはづきさん、ありがとうございます♡

 ↓↓↓↓↓

twitter.com

 

話の内容は、もう信じてた通り。

「やっぱり、そうだよね」って。

 

私がとにかくてごちゃんの器の大きさに惚れ直したのは、

 

・事務所よりファンを優先して、怒られることを覚悟で話してくれたこと

・情報を流出させた人を責めないこと

・他のジャニーズタレントと比べて、こうやってみんなの前で話す自分の方が間違ってるんだよって、自分を下げたこと。

・「何も言わないこと=認めたこと」じゃないって、言及したこと

 

実際、こうやって洗いざらい話したてごちゃんと比較して、何も話さなかった慶ちゃんのことを責めてるツイートも見かけた。

でもてごちゃんはそういうのも全部ひっくるめて、全部見通してちゃんと最後に大切なことを付け加えた。

慶ちゃんのことって限定したわけじゃないと思うけど、慶ちゃん含め、同じような状況にいる他のタレントをも、てごちゃんは守ろうとした。

 

でもそれは「てごちゃんはえらいね!すごいね!」ってそんなこと言ってほしいんじゃないんだと思う。

 

ただ単に、全力でファンに誤解されたくなかっただけ。

全身全霊でファンを安心させたかっただけ。

 

どなたかのツイートで見かけてなるほど!って思ったのが、RINGとかじゃなくライブ中に話したのは、あえて拡散させるためだったんじゃないか?って。

RINGだと載せてもらえなかったり消されたりするけど、ライブ中に言ってしまえば、ファンが拡散してくれて、より多くのファンに届く。

だから「黙っててね」と言いつつ「言ってもいいけど」なんてさりげなく許したのかな?なんて。

考えすぎかもしれないけどね。

 

あんなに強気なてごちゃんが、ファンのこととなると急に不安でステージに出るのが怖くなるなんて、もう愛おしすぎる。

 

そりゃ、元はと言えばてごちゃんのファンサービスがすごすぎて招いたことで、本人も軽率だったって反省してるし、何から何まで「てごちゃんは悪くない!許してあげて!」って言ったら、それはただの盲目ファン。

てごちゃんの優しさだから許してあげたくなっちゃうけど、そこは心を鬼にして、「わきが甘い!」って言わなきゃいけないところ。

 

でも、理由は何であれ、愛する人に誤解されて、嫌いになられそうで、不安で不安で怖くて、ドキドキしながら泣きそうになりながら「ごめんね!違うんだよ!信じて!」って必死に弁解するてごちゃんは、もう純粋にかわいすぎる。

 

それはもう「アイドル 対 ファン」じゃない。

まるで「恋人 対 恋人」。

「みんなのダーリン、てごにゃんだよ~♡」って本気で言ってるんだな、この人wって、ふふって笑いたくなっちゃう。

 

そして、このてごちゃんのワガママを許したメンバー。

珍しく緊張してるてごちゃんを抱きしめた慶ちゃん。

それと、これは私の妄想だけど、事務所には内緒だとしても、もしかしたらちょっと知ってたか、予感してたんじゃないか!?っていう現場のスタッフ。

だって、急にこんなの始まって、本当にダメなことなら、誰か止めに入るとか、なんならマイク切っちゃうとか、やろうと思えばできたこと。

なのに、最後までちゃんとてごちゃんに話させてあげたわけで。

そういう全てをぜんぶぜんぶぜんぶぜーんぶひっくるめて、

 

私はNEWSがやっぱり大好き!!!!

 

ほんと懲りずに色々あるけどw、詰めが甘いメンバーもいますけどw、不完全ながらも、「ファンの為に」っていう共通概念をもって一生懸命なNEWSが大好きなんだ。

 

誰かがなんかやらかしても、メンバー同士助け合って、補い合っていく。

シゲちゃんの声が出なくなった時もそうだった。

一瞬不安になったけど、やっぱりNEWSは大丈夫!って改めて思えた。

 

最後に・・・

 

てごちゃん、あんたはすごいよ!

エゴサなんてしてないだろうけど、見てごらん!!!

てごちゃんの言葉で、みんながいっせいに安心してるよ!

あんなに不安でいっぱいだったTLも、 和歌山公演が終わったら、みんな安心して泣いてるよ。

同じ涙でも、不安の涙じゃなくて、安心の涙。

みんながてごちゃんに惚れ直してるよ!!!

事務所が権力振りかざすよりも何よりも、てごちゃんの数分間の言葉が、一番ファンの心に届いてる。

やっぱり、てごちゃんは思った通りのまっすぐな人。

てごちゃんは、今のNEWSを支えるぶっとい柱。

これからも、ずっとずっとNEWS担でいたいから、応援し続けさせてね。

 

いつか結婚することがあって「みんなの不倫相手、てごにゃんだよ~」になってもいいからw(よくはないけどw)、ずっと私たちの前に立っていてね。

 

※和歌山公演終了後の熱量と勢いで書いてますんでw、乱文長文失礼いたしましたm(__)m

 

↓良かったらポチッとお願いしますm(_ _)m


NEWSランキングへ