まっすーに恋するフリーライターの独り言

フリーランスでライターやってます。NEWSのまっすーが大好き♡ジャニオタさんたちのための情報サイトでNEWS関連の記事を書くお仕事をしています♪

ロングスリーパーはつらいよ。仕事も家事も睡眠も全部うまくやるための5か条!

f:id:yukarin-12-11:20161008090917j:image

わたくし、昔からロングスリーパーなんでございます。

ほんとに寝ないと倒れる。

できるなら、毎日、9時間は寝たい。そして、もっと許されるなら、週に1日は12時間くらい寝たい…。

子供が生まれる前は可能だったけど、子供が2人もいる今、まず無理。

しかも、下の子はまだ未就学児なので、基本仕事は子供が寝てからやっています。

さらにさらに、上の子の幼稚園は朝早い幼稚園で、朝8時にはバスがお迎えに来ます…。つまり、朝6時には起きないと間に合わない!!

 

という訳で、さすがに毎日9時間睡眠は諦めてますが、最低ラインの7時間睡眠は確保したい!!

ロングスリーパーの私がこの程度の睡眠でなんとかやっていることが我ながら奇跡的ですが、とりあえずこの最低ラインを確保するために実践していること、それがコチラ

 

・家事や自分の寝る準備は、子供を寝かす前に全て終わらせる

ご飯を食べた後のお茶碗洗いとか、次の日の準備、はたまた自分の髪を乾かす、とか、歯磨きなんかも、とにかく寝る前にやってしまいたい事は全て子供の寝かしつけ前に終わらせます。

 

・子供はさっさと早寝させる

もともとうちの子供たちは異常なほど早寝早起きなので、そんなに強制的にしなくても早く寝てくれるのですが、ま、意識的に早く寝るように仕向けて、夜8時には絶対的に寝てもらいます。

子供たちが夜何時に寝ようと、私が起きなきゃいけない朝6時という時間は変わらないので、できるだけ早く寝てもらえば、それだけ仕事に使える時間や自分の睡眠時間が増える、というわけです。

 

・子供が寝た後は仕事しかしない

本当に、仕事とトイレくらいしかしません(笑)夜8時に寝てくれれば、8時から11時まで3時間仕事をし、11時から朝6時まで7時間寝れる、という計算になります。

 

・週に1日は、仕事をせず子供と一緒に寝て一緒に起きる

といっても、7時間という睡眠時間も、ロングスリーパーの私には限界極まりない数字なわけです。多分これを2週間続けたら、倒れます。

なので、週に1日は全く仕事をしない日を作っています。それこそ、家事とかすべてを寝かしつけ前に終わらせて、寝かしつけ・・・というよりかは、むしろ私の方が先に寝てるかも、くらいの勢いで、思う存分寝ます。夜8時から朝6時まで10時間寝ます(笑)幸せです(笑)

「寝だめ」ってよく言いますが、人は「寝だめ」はできないそうです。でも、たくさん寝ることでそれまでの睡眠不足を取り戻すことはできる、とどこかで聞いたことがあるので、まさにそのための1日ですね。次の日はやっぱりスッキリします。

 

・平日追いつかなかった家事は週末に回す

  こういった生活をしていると、ご飯作りとか洗濯といった普段の生活を回していくことはできるものの、プラスα的な家事にまでは、まず手が回りません。例えば、ダニアレルギーの息子の為に布団に何往復も掃除機をかけるとか、トイレやお風呂の“隅々まで”掃除するとか。

そういったものは週末に回します。旦那さんに子供たちを見ててもらったり、どっか連れてってもらっている間にやる。逆パターンもあります。私が子供たちの相手をして、旦那さんがそれらをやってくれるとか。

本気を出せば午前中で終わります。(子供たちに起こされ、週末だろうが関係なく早起きなので・・・)なので、週末でも、午後はお出かけとか、有意義に過ごせます。

とにかく、仕事、育児、家事の中で、手を抜くならとりあえず家事!で週末に追いつけるとこまで頑張るって感じですね。

これには旦那さんの協力ありきなので、感謝しています。

 

正直言ってしまえば、ショートスリーパーの方がうらやましい。毎日5時間くらいの睡眠でもめちゃくちゃパワフルな人って本当にいるから、私もそうだったらよかったな。もっと仕事して収入上げられるのにな、と日々思います。

でも、残念ながらロングスリーパー体質に生まれてしまったのだから仕方ない。うまくやっていこうと試行錯誤して確立したのが、この方法です。

子どもの睡眠タイプや、旦那さんのお仕事事情なんかにもよるとは思いますが、ロングスリーパーのお仲間、未就学児を抱えてお仕事されてるお仲間さんがいたら、参考になれば嬉しいです♡