読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まっすーに恋するジャニオタフリーライター「しらいゆか」のブログ

フリーランスでライターやってます。NEWSのまっすーが大好き♡ジャニオタさんたちのための情報サイトでNEWS関連の記事を書くお仕事をしています♪

記事添削のススメ

Webライティング

f:id:yukarin-12-11:20160930204708j:plain

 

前回に引き続き、吉見さんネタになりますが、これまた目からウロコなので、ご紹介します!

(ここ最近、吉見さんに出会ってから何度「目からウロコ」というワードを使ったことか…笑)

 

吉見夏実さんの記事添削

 

吉見さんのオンラインサロンに参加すると、月1回記事の添削をしてくれます。

私が吉見さんのオンラインサロンに参加したい!と思った大きな理由の1つがコレ。

(ランサーズストアで、1回¥3000で単発に記事添削をしてもらうこともできます。)

 

早速インタビュー記事の添削をお願いしました。

先月から、新たなプロジェクトで担当することになったインタビュー記事。

やってみたらすごい面白い!

しかし、初めてだから勝手が分からないし、どういう記事がいい記事なのかも分からない…。しかも、すでに他の方がインタビューしたものの音声をもらって記事にまとめるので、自分で聞いたわけじゃないからなおさら難しく…。

それでも、自分なりに「結構よく書けたんじゃね!?」と思いながら納品。

「1記事目のクオリティ次第で次回以降単価アップ!」って書かれてたからほんのり期待なんてしちゃってたけど、なんのフィードバックもなし。

そんな悶々とした記事を吉見さんに見てもらったわけです。

 

初心者の記事がイケてる訳なかった…

 

吉見さんが修正を入れてくださって、戻ってきた記事をみて、たまげました〜!

全然気づいていなかった日本語の間違いや、意味が通じていない部分をズバッと指摘され!

私自身「うーん、これは…」とちょっと悩んでた部分も、当然ながらズバッと指摘され!

「こりゃ単価上がるわけないよな〜」と、調子に乗っていた自分を反省…。

 

そもそもインタビュー記事の何が難しいのか…

内容をどう取捨選択するか…

読み物として成立させるために、内容にどの程度手を加えていいのか…

学ばさせていただきましたっ!

いや〜奥が深いっ!

 

添削をお願いしなかったら、その奥深さにすら気づかないまま「結果いい記事書いてるのにな〜単価上がらないな〜」なんて、勘違いライターになるとこでした(笑)

 

勘違いライターにならないために

 

どうして私が勘違いしそうになったのか。

納品した記事に対して、クライアントさんって滅多にフィードバックをくれないんです。(たまにすごく丁寧なクライアントさんで、毎回フィードバックしてくれる方もいますが…レアケースかと。)

納品したものの、よほどのレギュレーション違反でもない限り、何もないまま検収されて支払われて…だから、悶々としつつ、自分の記事は結構イケてるなんて勘違いしたまま、スキルアップができない。

これじゃ、いくらやっても単価が上がらないし、そのうちモチベーションが下がって、いつか「ライターなんて止めちゃお」なんて可能性もなきにしもあらず!

 

月1回、自分の記事を客観的に見てもらうって、すごい大事だなって思いませんか!?

勉強になるだけじゃなくて、きっといつかほとんど修正が入らずに記事が戻ってきたりして、自分のレベルアップを感じたりもできるかも!

 

前回も言いましたが、私は吉見さんの回し者ではありません(笑)

私と同じような初心者の方に、純粋にオススメしたいだけでございます、はい。

参考になれば嬉しいです。

 

オンラインサロン → https://synapse.am/contents/monthly/yoshiminatsumi

ランサーズストア → http://www.lancers.jp/menu/detail/36340?ref=Profile_menu

 

最後まで読んでくださってありがとうございました♡